HOME > 上野の歴史を知る > 上野公園とその周辺目でみる百年の歩み > 日清戦争から明治末年まで

日清戦争開戦勝利後、ロシアに宣戦布告。文明は、鉄道馬車から電車へ。外国との戦い、西洋化と近代化が交錯する明治末年。


上野公園とその周辺 目でみる百年の歩み


日清の戦いに勝利

図は、不忍池に敵の旗艦定遠を浮べ、これに火をつけて祝っている。


於上野不忍池旅順ロ占領祝祭之図

於上野不忍池旅順ロ占領祝祭之図(星野平次郎氏蔵)


日清戦争から明治末年まで

明治26年(1893)
01.11東照宮で徳川家の連歌始を行う
06.29福島安正中佐単騎シベリアを横断して帰朝、上野公園で官民大歓迎会開く
08.文部省「君が代」を国歌に制定


明治27年(1894)
07.25日清戦争始まる
12.09上野公園・不忍池畔で戦捷祝賀大会開く


《 この頃の記録 》
 ・日清戦費総額は、2億3000万円
 ・開戦前年の国家予算は、2億6000万円
定遠の姉妹艦鎮遠を捕獲

定遠の姉妹艦鎮遠を捕獲し、その錨を不忍池旧馬見所跡(現在の水上動物園中央辺り)に陳列していた。


戦勝祝賀会

上野公園で開かれた戦勝祝賀会




西郷隆盛銅像

除幕後、早くも東京の名所となった西郷隆盛銅像(星野平次郎氏蔵)


明治28年(1895)
02.01不忍池馬見所道路改正のため競売
04.下関条約調印、日清講和
10.31上野─浅草間馬車鉄道布設可決
11.15北白川官能久親王(元輪王寺宮)病死、十一日国葬


明治29年(1896)
02.17上野精養軒でシーボルト生誕百年祭行う
04.25台湾の役戦没者慰霊祭を不忍池畔で行う
05.14西郷隆盛の銅像建設地、上野山王台に決定
08.12桜カ丘にパノラマ館開業


明治31年(1898)
03.東京美術学校々内紛争、岡倉天心校長を辞職
04.10奠都三〇年奉祝会上野公園で開く
07.岡倉天心日本美術院を創設
11.13上野公園で東京市庁開庁式行う
11.不忍池畔で自転車競走会流行
12.18西郷隆盛銅像除幕式行われる


明治32年(1899)
05.13一高生、不忍池で十三マイル競争行う。


明治33年(1900)
08.日本鉄道会社で、上野駅前に待合店(西洋料理店・茶店・菓子店等)を新築
09.01上野駅に公衆電話機を設ける。
十銭、五銭各一個を投入使用


明治34年(1901)
10.20竹の台で山岡鉄舟追悼大日本武術会開く
10.20秋季自転車大会、不忍池畔で行う
11.07電報通信社の開業式、上野精養軒で行う。
近代スポーツ自転車競争

不忍池畔では競馬についで近代スポーツ自転車競争が流行した



上野動物園の様子

上野動物園も堂々たる風格をおびてきた



明治中期の花見風景

明治中期の花見風景(喜多川周之氏蔵)






鉄道馬車が電車へ変った上野公園前

鉄道馬車が電車へ変った上野公園前(大正中期)


明治35年(1902)
04.28上野公園で日蓮開宗六百五十年祭挙行。
10.21赤十字25年祝賀記念を上野公園で開く


明治36年(1903)
11.25新橋─上野間市街電車開通、三銭均一。


明治37年(1904)
02.10ロシアに宣戦布告
03.18上野─浅草間電車営業開始、馬車鉄道東京市内から姿を消す


明治38年(1905)
11.26上野音楽学校で、二宮尊徳五十年際挙行
12.17上野公園で、東京市民の陸軍大歓迎会開く。


明治39年(1906)
03.20上野帝国図書館新築落成
05.19不忍池畔で、関八州連合の大競馬会十五年ぶりに開く
06.10日本赤十字社、上野摺鉢山で日露戦役殉難看護婦の追悼会を開く
09.01上野精養軒で語学蓄音器の試演会を開催
12.15忍川の通称どんどんの板覆工事着手。東京博混雑の為
09.市電値上反対で電車焼打事件起る


《 この頃の記録 》
 明治39年電車焼打事件前の電車賃。
 ・午前5時〜同7時
  片道通行税共3銭、往復5銭
 ・午前8時以降
  普通往復通行税共9銭
明治中期上野公園前を通る馬車鉄

明治中期上野公園前を通る馬車鉄。道路の線は水をまいたあとである


人力車が行きかう

明治二十七年日露の開戦で、当時商売の花形だったタバコが専売となったが、その直前天狗タバコでおなじみの岩谷商会は上野公園に水まきをして国民に奉仕精神をうったえた。


上野図書館、現在は国立国会図書館上野支部

上野図書館の蔵書数は日本一の一〇〇万冊を誇り、多くの知識人を育てた。現在は国立国会図書館上野支部。

2000年に国立初の児童書専門図書館、国立国会図書館国際子ども図書館として開館。(2011年追記)






東京勧業博覧会

会場が広く、一日では見られないため、3枚続10銭の観覧券、さらに夜間入場券も売出した。
博覧会には、常に新しい呼び物が出現する。この時は、第一会場に観覧車、第二会場に船滑り(ウォーターシュート)が人気を呼んだ。


東京勧業博覧会の観覧券

東京勧業博覧会の観覧券(星野平次郎氏蔵)


船滑り(ウォーターシュート)

東京勧業博覧会 第二会場の船滑り(ウォーターシュート)


明治40年(1907)
03.07岩倉鉄道学校全焼
03.20東京勧業博覧会上野公園で開く
(7月末まで)
10.25文部省主催第一回美術展覧会(文展)上野公園で開く
10.31帝室博物館、宮内大臣の所轄となる。


明治41年(1908)
05.17上野黒門、三の輪円通寺に移転。
明治二年九月道路修繕で、黒門口より東照宮脇、さらに両大師脇へと移されたが、円通寺の願いにより帝室博物館より下付された。
11.04上野美術学校のモデル、ストライキおこす。


《 この頃の記録 》
 ・米一升  12銭
 ・東京でのマイカー族は、47人
 ・ベンツ  17,000円
 ・ブラデイ・エーター(単車) 1,000円
 ・四気筒以上の車は、4,000円以上
第一会場の観覧車

東京勧業博覧会 第一会場の観覧車


明治4年東照宮脇に移された頃の黒門

明治4年東照宮脇に移された頃の黒門


松坂屋上野店の歳暮売出し

明治40年店舗の改築なった松坂屋上野店の歳暮売出し






徳川の町から 文化センターの街へ

明治期の上野は、なんといっても、門前町から文化の街へと脱皮したことである。かっては徳川の根拠地であったが、大衆の場、即ち公園として再出発した。公園には博物館、動物園といった教育文化施設がつくられ、政府をはじめ東京市はあらゆる催事を上野の山へもって来た。

ここに上野の街の方向づけがなされ、公園のある東京の中心盛り場へと決定づけられていくのである。


明治中期の上野動物園全景

明治中期の上野動物園全景(新撰東京名所図会より)


表慶館と河馬

左)「表慶館」開館、国立博物館構内にあり、考古学資料が展示されている。 右)上野動物園に来たアフリカ産の河馬。



明治42年(1909)
02.11憲法発布二十年祭を上野公園で行う
02.22帝室博物館構内に表慶館開館、皇太子のご成婚を祝した募金四十万円で建てる。
12.16山手線(上野─代々木─田町─鳥森間)電車運転始める
12.下谷区役所、上車坂三十一番地正法院跡に移転。


明治43年(1910)
08.11大雨で下谷区約6000戸、浅草区約14,000戸浸水


明治44年(1911)
01.25東京美術学校焼失
05.上野動物園にアフリカ産の河馬初めてお目見得


明治45年(1912)
03.18小松宮彰仁親王銅像除幕
07.30明治天皇崩御、大正と改元
07.上野桜木町に鶯谷駅開設
10.01不忍池畔で拓殖博覧会開催
この年東京にタクシー出現


《 この頃の記録 》
 ・東京市人口  1,620,000人
  内地方出身者  830,000人
 ・人力車一人乗り 20,286台
 ・二人乗り  258台
 ・貸人力車  3,923台
 ・質 屋   2,025軒
 ・宿 屋   753軒
 ・下宿屋   1,664軒
 ・木賃宿   529軒
 ・芸 妓   4,088人
 ・娼 妓   4,300人
 ・浅草の私娼  4,000人
  (俗称十二階下)
竜門橋名碑

左端に現在不忍池畔南側にある竜門橋名碑が見える


明治43年8月大洪水の情景

(喜多川周之氏蔵)

上の写真と同じ、明治43年8月大洪水の情景(上野7丁目付近)この時代には架線のポールが真中にあり、両側を電車が走っていた。


小松宮彰仁親王銅像

日本赤十字社初代会長 小松宮彰仁親王銅像(上野公園中央)



明治天皇崩御を報じる当時の新聞

明治天皇崩御を報じる当時の新聞

▲ページの先頭へ