上野東照宮・冬ぼたんを見て参りました!

2020年02月01日
ライター/一ノ瀬健太


上野東照宮・冬ぼたんが今、見頃を迎えております!

牡丹の花は「富貴」の象徴とされ、「富貴花」「百花の王」などと呼ばれています。

日本には奈良時代に中国から薬用植物として伝えられ、江戸時代には、数多くの牡丹の品種が作り出されました。中国文学では盛唐(8世紀初頭)以後、詩歌にもたくさん詠われるようになり、日本でも季語として多くの和歌や俳句に詠まれております。絵画のモチーフや文様、家紋としても親しまれてきた花です。

さて、入り口でぼたんがお出迎え!その花の美しさから入り口で写真を撮影する人も多数いらっしゃいました。

入苑料は大人(中学生以上)700円!

入るなり、別世界が広がります。

華麗な冬ぼたんがそこかしこで出迎えてくれます。

途中では、インスタ映えのフォトスポットをも作られておりました。

パンダもひょっこり登場しています。

五重塔を大変きれいに見ることができるスポットとしても有名です。

なんと行っても冬ぼたんの一番の醍醐味は、休憩所での甘酒!本日は、しょうが入りの甘酒をのみ、ゆったり、ぼんやりと景色を眺めました。

あぁ〜、至福の時間!

鑑賞後は出口を出て、左を見れば、東照宮様です。お参りをして帰りました。

いかがでしたでしょうか。上野の杜は美術館や博物館だけでなく歴史的な神社仏閣もたくさんございます。歴史、文化、芸術など幅広い切り口で学び遊べる場所です。

たくさんの好きな中から、あなたのマイフェイバレットを見つけてくださいね〜!

上野・東照宮冬ぼたん

第三十八回 上野東照宮 冬ぼたん
開苑期間: 2020年1月1日(水) から 2月24日(月) まで
開苑時間: 午前9時30分~午後4時30分(入苑締切)
入苑料 : 大人(中学生以上)700円 団体600円(20名以上)
      小学生以下無料

いっちーからのレポートでした!

  • 上野 つばさ
    ライター/ブロガー

    上野に住んではや十数年、このまちの魅力に圧倒される毎日です。趣味は食べ歩きと飲み歩き、時々、盆栽鑑賞。天真爛漫で食欲旺盛な広報の裏部長。上野で見かけたらぜひ、「つばさ」とお気軽にお声がけください!

    一ノ瀬 健太
    ライター/ブロガー

    上野のまったりした空気が大好きです。お年寄りから赤ん坊まで、みんなありのままで居られる、そんな場所。春夏秋冬、上野の山とまちの魅力を発信していきます!恥ずかしがり屋ですので、街で見かけてもスルーしてください。あだ名は『いっちー』

  • 2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 最近の投稿

  • お問い合わせ

    プライバシーポリシー